新着順:4/1202 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お知らせ

 投稿者:SHOPマスター  投稿日:2018年 8月24日(金)11時43分47秒
  通報 編集済
 




< お知らせ >



●「Q-10エクストPremium」がAudio Accessory誌秋号で大きく採り上げられました。

平素は冷静で理性的な語り口の井上千岳先生がいつになく熱く感想を述べておられます。
以下に一部転載させていただきます。

全文はぜひAudio Accessory誌秋号(170号)で実際にご覧ください。




( - 前略 - )

呆れるような再現力で、

音数は断然豊富だが、エネルギーも圧倒的に高い。


解像力に加えて、焦点がよく、

ピアノではスピーカーの間にある仮想的な音源から

直接音が出ているイメージがくっきりとできる。

またタッチの芯が太く、それが低音部の底の方までにじみなく沈む。


フォルテの強靭な響きが深いところで炸裂するし、

弱音にも音の中心に力の塊があるようなエネルギーが乗っている。

表現が多彩で、極めて鮮やかな再現が眼前に展開するのである。


声楽アンサンブルは、

一人一人の声の存在感がまるで違って聴こえる。

確かにそこにいるという実体感に溢れているのである。

しかもエネルギーが高い。

声のボリューム感が太く、肉質感に富んでいる。


オーケーストラは強弱の起伏が大きく、

スケール充分の鳴り方をする。

トゥッテイのボリュームもこうでなくてはいけない。

厚みと力感、そして立ち上がりの速さが、

一音一音を生きたものにしている。


信号の伝わり方が、

よほど強力で損失がないと思わざるを得ない。

どのソースも生き生きとしている。



井上千岳氏評より一部抜粋(Audio Accessory誌 170号)







 
》記事一覧表示

新着順:4/1202 《前のページ | 次のページ》
/1202