新着順:23/1198 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お知らせ

 投稿者:SHOPマスター  投稿日:2016年 9月 8日(木)17時15分19秒
  通報
 




< お知らせ >


DHラボのケーブルがオーディオ雑誌で採り上げられました。


(1)「オーディオアクセサリー秋号(162号)」音元出版
AA特選アクサセリー2016 AUTUMNより


「PRO-STUDIO」シリーズ(RCA、XLR)

『-前略-にじみや付帯音のない緻密な音調で、信号のエネルギーが豊かに通っている印象がある。ピアノは低音部のどこまでもがっしりと把握され、タッチが深く押さえられて響きも太い。フォルテの肉質感の高さが、いっそう骨格を強靭なものにしているようだ。
バロックも濁りや汚れっぽさがなく、ヴァイオリンやチェンバロも澄んで質感の密度が高い。伸びやかだが薄っぺらにならず、芯までぎっしり詰まった感触である。瑞々しい余韻にも富んでいるが、ぎゅっと締まっているため実体感が高いのだ。上滑りな細かさとは違う。
オーケストラもそうで、弦楽器や木管、金管などの楽器にも厚手で筋肉質な勁さがある。そのうえに繊細で透明な余韻が豊かに乗っているため、ふやけた柔弱さにならないのだ。その感触は上から下までどこも均一である。
ジャズは力強く張りがあって、活気に溢れている。音数が豊富で新鮮な響きが多彩に描かれる。』(井上千岳氏レポートより抜粋)




(2)また「ケーブル大全2017」音元出版では、
<世界のケーブルブランドのいま>でDHラボ社が紹介された他、

Q-10 Ext
『-前略-ピアノは明快なタッチが厚手の肉質感で描かれる。バロックは音場の遠近が分りやすく、ヴァイオリンやチェンバロのシャープな歯切れが心地よく引き出されている。オーケストラは密度の高い音調が上下に伸び伸びとしている。すかすかではなく中身が詰まって、しかも楽々としているのだ。ピントがよく、楽器それぞれの位置感が見えるようである。ジャズは実にバリッとして活きがよく、ドラムなど音の出ている場所が触れそうなくらい生々しい。トロンボーンもそこから音が出てくるようだ。』(井上千岳氏レポートより抜粋)

その他、
PRELUDE
REVELATION XLR
AIR MATRIX RCA
D-750 Digital
Mirage USB
等が個別に採り上げられています。


どうぞ「オーディオアクセサリーNo.162」、「ケーブル大全2017」で実際にご確認下さい。





 
》記事一覧表示

新着順:23/1198 《前のページ | 次のページ》
/1198