善玉素



カテゴリ:[ グルメ&ドリンク ]


2件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[2] 善玉素ー善玉菌群の生理機能 前半

投稿者: zendamaso 投稿日:2016年 8月 5日(金)17時50分18秒 softbank126010223186.bbtec.net  通報   返信・引用

腸内善玉菌の生存環境の改善を通じ、善玉菌の割合を最大化にし、最も簡単な手段で毎日健康な生活を得ることが多くの人に知られている。しかし、なぜ改善しなければ行けない?善玉菌や悪玉菌が体にどのぐらいの影響があるのか?
善玉菌群(有益菌群)の生理機能を見てみよう:
もし腸内善玉菌が優勢で、腸内粘膜がピンク色で、腸内環境が相当良好と現れる。
1、水分吸収、便が柔らかく、排出しやすい
胃で消化分解の食物は、小腸を経由して栄養を吸収した後に、粘稠状の物質になって大腸に届ける。その後、18時間で水分やミネラルを吸収し、排出しやすい便になる。腸内環境が良好の時に、便の硬さが適切で、排便が比較的順調である。
2、緩和の蠕動、順調に便を排出できる
腸の蠕動で、便をゆっくりと肛門に送る。蠕動が速かったり遅かったりすると、便の構成に影響を与え、便秘や下痢をもたらす。腸内が清潔だたら、蠕動の速度が相当規則で、便は順調に排出できる。
3、各種ビタミンの合成に役立つ
マーフィー菌などの善玉菌より健康な肌が維持でき、同時に、エネルギーを生じるビタミンB1、B2、B6などの合成でき、血止や骨格形成に関するビタミンKなどの生成機能できる。健康の酸性腸内環境は、有益菌が絶えずに繁殖でき、ビタミン合成も順調に進む。
4、迅速に有害物質を排出する
健康な腸は完全に悪い菌が存在しないわけではなく、有害物質は多少生じできる。もちろん、体内に入る食品化学添加物あるいは栄養成分にならない物質を含む。腸内環境が良好さえすれば、これらの物質は体が害を及ぼす前に、体外に排出されます。
5、病原菌(悪玉菌)の侵害を避ける
善玉菌は体の免疫機能を刺激し、高めて、食中毒などの問題を起こしやすい病原菌が酸性物質に恐ろしいので、良い腸内環境が善玉菌の成長する際に、腸内の酸性状態を維持し、このように腸内で病原菌の繁殖を抑えることができる。
腸内の善玉菌は体に強化栄養で、各疾病を予防する効果がある。例えば、糖尿病、高血圧、高脂血など。善玉菌が体内でB族ビタミンと非必須アミノ酸の生成を通じて、人類の毛にも重要な作用を与える。これらの栄養素が不足なら、脱毛あるいは髪の発黄、分岐を生じ、折れやすいなどの現象が出てくる。
今回腸内善玉菌の生存環境の改善の重要さを知ってただろう。それらは私達の健康と密接の関係がある。

http://www.zerozerofamily.co.jp




[1] 掲示板が完成しましたキラキラ

投稿者: teacup.運営 投稿日:2016年 8月 5日(金)17時47分33秒 softbank126010223186.bbtec.net  通報   返信・引用

ご利用ありがとうございます。

teacup.掲示板は
ダイヤスレッド作り放題右上
ダイヤ画像・動画・音楽の投稿OK
ダイヤケータイ絵文字が使えるv▽v
ダイヤRSS対応ヒラメイタ!
ダイヤかわいいケータイテンプレハートx2

足跡足あと帳はコチラ
スレッド内容は管理画面内「スレッドの管理」から編集できます。


レンタル掲示板
2件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.