投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


オーディオ、音楽クラブ名古屋 第16回 試聴会

 投稿者:道守宏州  投稿日:2017年11月 8日(水)15時32分15秒
返信・引用
  11月12日(日)に下記の様に試聴会を開催します。ご近在の方、ご興味のある方の御参加を
歓迎いたします。

オーデイオ、音楽クラブ名古屋 第16回 発表会 プログラム

場所: 岩倉市曽野町宮前神明社境内内 公会堂集会室 (2F)
日時:平成29年11月12日(日)10:00~17:00

? 参加費:¥700、昼食:実費      開場     9:30~
? 機材搬入、会場設営、参加費徴収            10:00~10:40
? 持ち時間 切り替え時間含む(実時間25分程度)
? 挨拶 会長 岡田静雄                                  10:40~10:50

発表者        発表内容
1 道守宏州  801Ax3パラシングルモノーラルアンプ   10:50~11:20
2 鈴木勝己    WE300B pp 直結差動パワーアンプ      11:20~11:50
3 村瀬茂   EMI 9030FT 2way 同軸/自作箱           11:50~12:20
     < 昼食、歓談>                   12:20~13:00
4 銀川哲哉  アナログ系を固定して2台のパワーアンプと
 小木曽隆  2組のSPシステムを切り替えて試聴     13:00~14:00
池田浩司
伊東誠司
鵜飼実義
5 戸田紀三夫   バイロイト音楽祭参加報告         14:00~14:30
6 西河勝男    EL509/6KG6シングル10Wパワーアンプ       14:30~15:00
      < 休憩  >                                     15:00~15:20
7  大野和也   ONKYO CR-D2改良                15:20~15:50
6 リクエストコーナー ご来場者のLP,CD持ち込み歓迎。   15:50~16:20


? 閉会の挨拶及び記念撮影                16:20~16:30
? 機材搬出、後片付けのご協力お願いいたします。     16:30~17:00

使用機器:
スピーカー:FAL―C90及びTAD TL1601a+ ショートホーン、その他
アナログ、CDプレーヤー:トーレンスTD521、マランツSA11-S3
プリアンプ: エアータイトATC-1,その他
当日緊急連絡先:09015661728 (岡田静雄)

 

富山 試聴会

 投稿者:道守宏州  投稿日:2017年10月30日(月)22時43分25秒
返信・引用
  富山クラフトオーデイオクラブ第32回 試聴会

先週末には富山クラフトオーデイオクラブ第32回試聴会に参加させていただきました。

今回も独創的な7台のパワーアンプが出品され、その最大出力差は2Wから360Wにも及びましたが、

いずれも期待通りのハイレベルな仕上がりでした。

最初に発表されたのは、若い女性による6V6シングルアンプです。ホールが大きく、大丈夫かなと心配しましたが、

音出しが始まると十分な音量でのびのびとした明るい音質でした。


試聴会の後、親睦会が海沿いの“ホテル古志”で行われましたが、本格的な料亭の美味しい料理をいただきながら

夜の更けるまで歓談が続きました。
 

Re: 838シングルアンプを4P1Lカソードチョークドライブとする

 投稿者:道守宏州  投稿日:2017年10月24日(火)22時13分7秒
返信・引用
  試聴

さてデータも取れましたので、音出しをしたくなり、リスニングルームへ一式を運び込み

写真の様に838アンプは横向け、811Aドライバーはひっくり返した状態で試聴しました。

811Aアンプの右側の電源は811Aが無負荷にならないよう、14Vの+バイアス電圧を供給しています。

その後100THアンプとペアを組んで、各種のソフトをステレオで試聴しましたが気持ちよくなってくれまし

た。

これで次のプロジェクトが決まりました。おそらくは完成までに半年は掛かることでしょう。

 

838シングルアンプを4P1Lカソードチョークドライブとする

 投稿者:道守宏州  投稿日:2017年10月23日(月)15時31分34秒
返信・引用
  838シングルアンプを4P1Lカソードチョーク回路でドライブする。

現在使用中の811Aシングルアンプ(20W、4P1Lカソードチョークドライブ)のスッキリとした音質は、4P1Lx3ステレオアンプ(8W)と共に大変気にいっています。
カソードチョークドライブはもともとHi-μゼロバイアス送信管に最適なドライブ方式です。カソードチョークのDC抵抗で+バイアス電圧を得ることができ、+電源のみで、+-領域を励振可能です。
現用中の838シングルアンプ(35W、5998AによるCF+CCSドライブ)を4P1Lカソードチョークドライブ方式でどこまで押せるか実験してみました。
ちょっと強引ですが、811Aアンプのドライブ回路を838アンプの出力段へ直結してみました。そのままでは+18V程のバイアス電圧で不足しますので、2Kオームの固定抵抗をカソードチョークとグランドの間に挿入し、カソフォロ用電源電圧を270Vから310Vに上げてみました。


       無入力時                     30W   歪率   入力電圧
838       Ep:   682V                     675V
         Ip:  108mA,          115mA  3.8%      0.88V
      Ge: +24.5V                    +23.2V    (30W時交流電圧:70.8V RMS)
      Ig:   9.4mA                     16.5mA

4P1L      Ip:   18.4mA                    25mA
          Ep;  309V                       301V

811Aの増幅率160に対して838は50しかありませんが実測データ上では問題なさそうです。出力35Wが30Wに下がりますが、問題は音質がどうなのかだけです。
カソードチョークも現用のTC-60-35Wで全く問題ありません。
 

(無題)

 投稿者:道守宏州  投稿日:2017年 9月 3日(日)11時05分45秒
返信・引用
  Diy audio forum tube/valve 掲示板上に”日本は自作真空管アンプ(配線図)の宝庫である“と持ち上げられています。

http://www.diyaudio.com/forums/tubes-valves/311212-gold-mine-di-audio-tubes-schematics-japan.html?s=671e9a8147a5337d82a822c29a769819

その内容は佐久間アンプから始まり、最近のMJ,ラジオ技術、の記事のコピーやネット上のHP等、広範囲にわたり、好意的に取り上げられています。
アメリカでは60年代後半に消滅してしまった、このようなレベルの雑誌を支える読者層がなぜ日本に残ったのかを不思議がるアメリカ人もいます。
先日九州で行われた“Japan Triode Meeting 2017”に海外から40名もの参加者があったことも、日本の自作オーディオへの関心の高さの現れといえます。
それらを下記URLに見ていただけますが、配線図と写真付きとは言え、日本語を機械通訳しても珍紛漢紛のようです。

http://www003.upp.so-net.ne.jp/kirifuri/article_2017-18.html
https://drive.google.com/file/d/0B9FdcTDiNMIEaWhKazFRdjZGUUU/view
http://www43.tok2.com/home/kirifuri/article/2014/MJ1095-1405_845singlr+211single-blend-amp_SakumaS.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B90n2y6ZHwnsZ1VEaGdVU3BCQWc/view
http://www43.tok2.com/home/kirifuri/article/2012/r-tec1210_(06)detail-300B-OTL-power-amp_TannoT.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B9FdcTDiNMIENF9YXzJ1WTdSQzQ/view
https://drive.google.com/file/d/0B9FdcTDiNMIEYmVndDBzeFctVTg/view
https://drive.google.com/file/d/0B9FdcTDiNMIEdXFZSmVjUkVuT3c/view
http://www.op316.com/tubes/mw/index.htm
https://drive.google.com/file/d/0B90n2y6ZHwnsLTJhNklHRGFxTFU/view
http://www.op316.com/tubes/tubes.htm
http://our-house.jp/4-400/index.htm
 

Re: 2F57規格表

 投稿者:道守宏州  投稿日:2017年 8月 2日(水)16時25分13秒
返信・引用
  道守宏州さんへのお返事です。

謎の送信管 2F57

これほど工芸品の様に丁寧に造られた送信管を見た事がありません。

外形からUHF用のパワー管と思われますが、おそらく特殊な用途で開発され、生産ロットが少なかった球ではないかと想像されます。

フィン付きプレートはジルコニュームが塗布され、動作中は赤熱状態となるはずです。またプレートは太いパイプ状のロットで支えられ、

バルブ頂上部の放熱フィン付きキャップと一体になっています。

球の規格として下記の情報を得ましたが、ピン接続やその他の詳細は一切不明です。

フィラメント:   6.3V (2.5A)
最大プレート電圧:  600V
SG 電圧   :     300V
プレート損失:      40W
SG 損失  :       6W

まずはフィラメントと思われる1、7番ピンに6.3Vを通電してみたところ、球は熱くなるものの、

プレート上部は密閉され、下部もまたベースとの間に厳重なシールドが施されており、明かりが全く見えません。

ソケット下部よりスリガラス状ですが、ようやくフィラメントの光を見ることができました。

写真は同容量のフィラメントを持つ3C24 を点灯して放熱量を比較してみました。

PCよりこちらの方ですとまだまだやる気が起きるようです。



 

アンプ製作

 投稿者:Y下  投稿日:2017年 7月26日(水)12時39分39秒
返信・引用
  道守さんへ
PCオーディオはソフトを沢山いれて呼び出して聴きますがPCの圧縮音源は最悪です。USBメモリにデーターを入れて聴きましたがひどい音です。
PCオーディオはCDプレーヤーはいりません。またCDPに内蔵されているDACは酷いのばかりで聴けません、
よ~く考えて構築してください。アンプ作りよりも大切です。
 

Re: アンプ完成

 投稿者:道守宏州  投稿日:2017年 7月25日(火)20時02分49秒
返信・引用 編集済
  Y下さんへのお返事です。

クラブの皆さんもほとんどが高齢で長年のアナログファンが多いようです。私の場合は、所有しているソフトがCDのみで、

600~700枚位ありますが、多くはまともに聴いておりません。

これからはゆっくりと楽しみながら聴きなおしてみようかと思います。

まー,年ですのでオーデイオの方もそろそろ終活に入る時期かと、、、あまり執着はしない方です。

無線は、街中で1KWライセンスも取りましたが、今は局免許も含めてすべて整理しました。


 

アンプ完成

 投稿者:Y下  投稿日:2017年 7月24日(月)12時46分2秒
返信・引用
  道守さんへ
PCオーディオはスキルが無いとできません。高齢の方たちはパソコンが苦手ですね、これは仕方がありません。
クラブにPCに詳しい方はいないのですか、PCを使って本物のPCオーディオができればCDプレーヤーより遥かに高音質になり費用面でも安く出来ます。
 

Re: アンプ完成

 投稿者:道守宏州  投稿日:2017年 7月23日(日)11時42分23秒
返信・引用 編集済
  Y下さんへのお返事です。

PX25Aアンプ完成とのことで、おめでとうございます。

私のPCオーディオは現在冬眠中です。正直なところPCの操作が苦手です。またPCやその他関連機器を置くスペースもありません。

100THと811ーAによるバイアンプ ドライブ。夏向きとは言えません。

 

/161